せどりは儲からない

せどりは儲からない、これが真実


せどりは儲からないので、これからせどりを始める人、始めたばかりの人は特に注意しましょう。


私は「せどりは儲からない」と言いますが、もちろん、やりようによっては儲かります。
儲かる可能性はある、と言えばより正確でしょうが、
通常「せどり」という場合、次のような手法によるものを指すと思います。
これで儲けるのは困難です。
殊に、継続的に儲ける、すなわち「右上がりないし横ばいの安定収入」はありえません。

「せどり」とは。
・ブックオフで、なるべく安い本(CD、DVD、ゲームソフト)を仕入れる。その際、Amazonの実勢価格を調査するツールを使い、差額(利ざや)がなるべく大きなもののみ買い入れる。
・仕入れたものをどんどんAmazonの中古市場(マーケットプレイス)へ出品し、売れるのをじっと待つ。

上のような手法では、地域によってはブックオフそのものが無いためにできませんし、数件のブックオフを見つけたところで、初心者がまとまった金額を稼ぐまでには相当の労力を要します。

それだけでなく、仕入れた本などは相応の広さの置き場所を必要とするため、理論上は無限にストックスペース(在庫置き場)を広げられなければ、右下がりすなわち儲けは徐々に減っていくしかありません。


以下、項目分けしながら解説していきます。

「せどりは儲かる」と主張する人の意見と比較して、あなたの責任で判断してください。





せどりは儲からない

せどりノウハウは買え!でも信じるな!と言うかせどりはやめろ


せどりノウハウ、「買って損は無い」と言いたいところですが、
およそ質は低いです。

まず、せどりの場合、ノウハウを売る者は例外なく
「せどりで稼げないからノウハウを売って儲ける」
という思考の奴と思って間違いはありません。

いろいろと言うわけですね。
Amazonで駄目ならオークション、本が駄目ならDVD、こうすれば売れる、ああすれば儲かる・・・。

いろいろの事例を挙げてかさ増しをしているようですが、再現性はほとんどありません。

せどりをやっている人ならわかるはずですが、近所(自分の活動エリア〜縄張り)に、1人でもライバルは増えてほしくないはずです。
そうではありませんか?

仕入れられる量が減ることは明白だからです。

にもかかわらず、せどりノウハウを全国規模で売る。
そんなことができるはずがありません、恐くて。

また、ブックオフせどりが「全国どこでもできる」はまったくの嘘で、ある程度の狭いエリアに、ブックオフが最低数件はないと無理です。

言ってみれば、ノウハウを不特定多数に売ること自体が詐欺的と言えます。

せどりノウハウで有名なAさんは、とっくにせどりはやっていないようです。
一般客相手に、サイトで集客してマニアックなものを仕入れているようです。

だったら、ネット集客(ネット仕入)のやり方を教えてほしいですよね?
そのノウハウは販売していないんですよ。


 <まとめ>
せどりノウハウ販売者が売るのは「稼げなくなった方法」。
「今も稼げる方法」は売らない。
ひどいなあ〜。



せどりは儲からない

せどりの最大の弱点とは?


せどりの弱み、とは?

せどりは、つまり普通の「古本屋」とは違います。

せどりとは、業者から買って転売する古本屋であり、
古本屋とは、一般客から買って転売するビジネスです。

ここに、大きな「仕入値の違い」が存在します。
つまり、仕入値が高いことがせどりの弱みと言えます。

すでに利益を出すべく値付けされたものを、業者の言い値で買うのですから不利です。

つまり、どんなに本の相場が下がろうと、10円で仕入れられれば、Amazonで1円で売っても利益が出ますが、105円でしか仕入れられないせどりは、1円で売ってはほとんど利益が出ません。

売価1円ではいずれにしてもひどい薄利ですが、安く大量に仕入れれば、在庫数に比例して数が売れるので、数をこなせば何とかなるし、値下がりして利益が薄いものは、どんどん捨て値で売ったほうが全体の利益は上がります。

せどりをやる者が、そういう業者(古本屋)と同じ値付けをして、儲かる道理が無いのです。

ですから、安く売る(中堅以上の)業者をけなす馬鹿がいますが、馬鹿は自分です。
それに合わせて自分も同価格にすることしか思いつかないのですから。

必要なものなら、多少高くても人は買います。
だから、「安くなければ買わないよ」、「Amazonで1円だったら買おう」という手合いは、どうでもいい流行小説やタレント本など、そういうものをあくまでも安く探しています。
つまり必要で買うわけではないんですね。

そういう商品の性質の違いを見分けられない馬鹿こそ、規模の大小を問わず消えてもらいたいです。


 <まとめ>
せどりは仕入値が高いから儲からない。
大量に安く、一般客から買い取るシステムを構築できれば、それはもはや「せどり」ではない。
と言って、ブックオフのサルマネしか思いつかないような者は、何をやっても儲かるまい。



  1 2 3  次の3件>>


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。